IT Startup Community

Techな情報共有やITをテーマにしたディスカッション
知的好奇心を満たしながら交流しませんか?

Join us

完全食COMPを一ヶ月飲んでみた

0 Comments
情けない告白をすると、僕はあまり食にこだわりがない。
馬鹿舌と呼ばれる類で、繊細な部分を拾えない。
味が濃かったり甘かったりしたらそれだけで満足だ。
なもんで日頃の食事も栄養以外はぶっちゃけ無頓着だったりする。
何食べたとしてもどうせ数時間後には忘れてるしどうせ思い出さないだろ、的な考えが根底にある。
そんなわけで3月に書いた記事でも分かる通り、完全食は僕にはピッタリだ。
それだけ食べてりゃ栄養は取れて、気軽に作れる。
おまけに旨い。
理想である。
さてそんな完全食だが、日本にはBase pasta以外にもCOMPというのがある。
というかそもそもの先駆けがこのCOMPなのだ。
粉末状のものでそれを液体に溶かして摂取するCOMP。
これだけで完全に栄養が取れるというまさに近未来的な飲み物だ。
今回はこのCOMPを一ヶ月飲んでみたのでレポートを書いてみよう。
なお、以前は粉末タイプのものしかなかったが、今はグミタイプのものとドリンクタイプのものがある。
今回試すことになったのは新作のドリンクタイプのモノだ。

完全食COMP

さて、まずは経緯から話そう。
今年に入って、とある経緯からCOMPの代表である鈴木社長と一度ランチを食べる機会があった。
鈴木社長は奇遇にも同じ大学の出身で、色々COMPについて語りあい、有意義なひと時を送った。
それからすぐに僕はBase pasta一ヶ月生活を送ることになり、完全食の可能性を認識した。
そんな時、ふと思い立ってTwitterでちょっとした呟きをしてみた。
正直に告白すると、ほんの少しだけ鈴木社長に届かないかな、的な気持ちがあった。
が、この時点でTwitterで繋がってはおらず、メンションにも入れてないので、まあどうせ無理だろう、と思っていた。
するとすぐにこんな返事が来た。
こ、これは……。
慌てて返事を返す。
ダメ元で言っててみた。
すると……。
もしやもしや、これは貰えるパターンか。
そう小躍りしたが、ちょっとまってもらいたい。
鈴木社長のTweetの日付を見てほしい。


なるほど、エイプリルフールか。
やられたよ、鈴木社長。
お茶目じゃないか。
そう思って一頻り部屋で笑ってしまった。

それからやり取りを忘れて適当に過ごす日々を送っていた。
するとある日突然宅急便が届いた。
デカイダンボールが2箱も。
全くもって思い当たるフシがないので、驚きながら開けてみたら更にダンボールが入っていた。
これは……。
こ、これは……。
ドーン。
というわけで、太っ腹な鈴木社長のご厚意の下、COMP一ヶ月生活がここに始まった。

まずこのCOMPだが、鈴木社長曰く、「忙しい」「面倒」など特定のシチュエーションにとって最良の選択肢になる食品なので、一日一食といったような縛りは無いらしい。
僕の生活の場合、毎日朝食に悩んでいるので、その対策として大体400kcal~600kcal分を飲めという事だ。
ということで早速試してみよう。
これを用意して……。
注ぐ。
そして一気に流し込み、食事終わり。
この間僅か5秒。
5秒だ。
食事の準備から食べ終わるまで僅か5秒。
前回のBase pastaでは「玄関開けたら二分でパスタ」と書いたが、そんなのとは比較にならない。
「玄関開けたら5秒でCOMP」だ。
それでいて完全に栄養が取れる。
まさに非の付け所がない完全食だ。

さて、そんなわけで早速毎日飲み続けた。
朝起きて、顔洗って、コップに注いで飲むだけだから、便利この上ない。
朝の悩みが一つ完全に消え失せた。
素晴らしい一日の始まりである。
ちなみに気になるCOMPの味だが、豆乳と思ってもらえればそれで大体あってる。
無調整豆乳Loverの僕としては大歓迎の味だ。
そしてこれが何を指すかと言うと、カスタマイズの豊富さだ。
要は、溶かして飲める何かがあれば、全てCOMPで応用が効くのだ。
というわけで家にあったこいつを試してみる。
ピュアココアだ。
砂糖やミルクが入ってないのでカロリーが抑えられる、ダイエッターの僕にとっては必需品だ。
これに付け加えてパルスイートも入れてみよう。
すると甘くて美味しいココアが出来上がる。
抜群に旨い。
豆乳の濃厚な味とココアのバランスが最高だ。
それでいて栄養が抜群。
もう言うことは無い。
調子に乗った僕は更にカスタマイズを始める。
次に試したのはこちら。
緑茶だ。
これにパルスイートとCOMPを入れるとこうなる。
甘くて美味しくて栄養バツグンの緑茶ラテだ。
もちろん泣くほど旨い。
さらに紅茶とコーヒーのポーションを買ってみた。
中に入れてCOMPを注ぐ。
もう説明の必要はないが、美味しい紅茶ラテとカフェラテが出来上がる。
そんなCOMP生活をTwitterで嬉々として報告してるとこんなTweetをもらった。
そう言われると試してみるしか無い。
Tweetもらった通りにコーヒーCOMPラテにこれをふりかけると、仰る通りもはやCOMPとは思えない味だ。
上品なカフェのお高い手間のかかったカフェラテ、750円ぐらいは取られる系のやつだ。
しつこいようだが、ただ美味しいだけではなく、栄養が抜群だ。

そんなこんなで毎回毎回カスタマイズをして過ごした。
ときにはオレンジペコで飲んだり、お気に入りのヌワラエリヤを混ぜてみたり、もう飲み物系は試せるだけ試した。
もちろんどれも抜群に美味しかった。
甘いのが大好きな僕は毎回楽しんで飲んだ。
まさに最高の朝食だ。
そんなこんなで楽しんでいたら、いつのまにか一ヶ月のCOMP生活が終わっていた。

さて、それでは一ヶ月を振り返ってちょっとした気持ちを書こう。
完全食については前回書いた事と同じ印象だ。
これだけ飲んでりゃ栄養面で完璧というのは本当に頼もしかった。
いちいち頭を悩ます必要がなく、サクッと注いで飲めば良いだけだから、どれだけ精神的ストレスから開放されただろうか。
手間暇も圧倒的に軽減される。
Base pastaの場合、茹でて、湯切りして、ソースをかける必要があるが、COMPの場合は注ぐだけだ。
忙しい時は紅茶やコーヒーは用意せず、そのまま豆乳味として飲んだ(もちろん普通に美味い)。
これがどれだけ楽だったか。
COMPは時として忙しい夕食にも利用した。
資料作ってたりビデオ会議してると、夕食を用意する時間がなく、だけどお腹が減る。
そんな時ちょっと多めに飲むだけでもう立派な栄養食だ。
しかも意外なことにCOMPは腹持ちが良い。
ガッツリ飲んでりゃ普通の一食分位は持つ。
だからもう何の心配も要らなかった。
そしてこのカスタマイズの豊富さ。
何度も書くが毎朝甘いラテを飲めるのがどれだけ楽しみだったか。
一食で二杯飲むことになるので、朝から気分が良かった。
僕みたいな人間にはピッタリな栄養食だ。

以上がCOMP一ヶ月生活を送ってみた感想だ。
僕の興奮が少しでも伝わったら嬉しい。

さて、最後に完全食についてちょっとだけ書きたい事がある。
僕はCOMPとBase pastaという二大完全食をそれぞれ1ヶ月試してみたのだけれど(どちらもご厚意によるものだ。感謝しか無い)、これは食におけるイノベーションだと確信してる。
明らかに今までの食文化を一段階上に引き上げる類のものだ。
手軽で、素早く、美味しくて、栄養が抜群。
一度でも試したことがある人ならば分かってくれると思うが、明らかに生活の質が上がる。
今までの食という概念をディスラプトして再構築する。
まさにイノベーションなのだ。
もし、この記事を読んでちょっとだけ興味が湧いた人は、是非どちらかを試してもらいたい。
というかこの記事を読んでくれてる人なんて、少なからずIT Startupに関わりのある人が大半だろう。
それでいてこの2018年のご時世に完全食を試していないのならば、もう真っ先に購入する他は無いのではないか。
強い口調で言ってしまって申し訳ないが「これすら試さず何がStartupか」と。
ぜひとも新しい時代を感じてもらいたいものだ。

あ、ついでにBase pastaとCOMPの違いを書いておく。
これは単純に好みの問題……というよりシチュエーションによるだろう。
ある程度食事を摂る時間があるならばBase pastaだろうし、時間がないけれど食べないといけない場合はCOMPを選ぶべきだ。
どちらも美味しく食べれる。
僕は、朝にCOMPを飲み、昼は適当に食べ、夜にBase pastaを食べる日々を送っている。
今の所、体調は完璧で肌はツヤツヤ。
体型もバッチシ維持出来てるし、精神状態も良好だ。
素晴らしきかな、完全食。

というわけで、COMP一ヶ月生活のレポート終わり。
読了感謝する。

完全食COMP

0 件のコメント :

コメントを投稿

署名