IT Startup Community

Techな情報共有やITをテーマにしたディスカッション
知的好奇心を満たしながら交流しませんか?

Join us

エストニアに電子居住してみた

0 Comments
みんなは、IT先進国と聞いてどこを思い浮かべるだろうか。
アメリカ? それともイスラエル?
僕が聞かれて真っ先に思えるのは、東欧の小国、バルト三国は一つであるエストニアだ。
今回はそのエストニアのe-Residency(電子居住)というシステムを使ってみたので、レポートを書いてみる。

エストニアと聞いて地理や文化が分かる人はどれだけいるか。
おそらく大半の人は場所すらあまりわからないのではないか。
エストニアはロシアの西、フィンランドの南に位置する小国だ。
僕個人は数年前あの地方一帯を巡った際、結構楽しい思いをしたので印象が良い。
首都タリンの街はコンパクトながら雰囲気あるし、お店の住人はみんな民族衣装を着て接客していたので、中世ヨーロッパを味わえた感がある。
名物のブラッドソーセージ(血のソーセージ)はあまり美味しくなかったけれど……。

このエストニアだが、実は世界最先端をいくIT立国なのだという事をご存じの方はどれだけいるだろうか。
エストニアは1991年ソ連より独立した際、国の方針でICTとバイオテクノロジーに力を注ぐことを決定し、国民もそれに賛同した。
「ソ連のICT開発センターがエストニアの場所に合ったという点」と、「ソ連時代の古いシステムに対する執着がなかったので、新しいシステムを導入することに抵抗がなかった点」が上手く合致したのだろう。
そして、徹底的にICTの整備に力を注いだ。
一説によると、学校などでは屋根の修理より最新のパソコンを導入することを優先したとまで言われている。
まず政府はICT共通基盤のシステム(X-Road)を作成し、全てのベースとなるものを定めた。
それから行政、民間で協力してIT立国へと向かったのだ。
エストニアにおいて、インターネットの利用というのは、電気や水道を利用するのと同様に、国民の基本的な権利として定められている。
公共施設は勿論、喫茶店やマーケット、果てはガソリンスタンドにすら無線Lanがあるというから驚きだ(勿論無料)。
そして2017年現在、15歳以上の全国民の殆どが国民IDカード(eIDカード)と呼ばれているものの携帯を義務付けられている。
X-Roadと連動したこのカードが国民の生活の中心になっているのだ。
それでは果たして一体何が出来るかというと、およそおそらくエストニアで生活する全てが関連付けられていると考えて差し支えない。
例えば行政への投票や税金の申告は勿論、民間でも路上駐車の支払いや電車の切符の支払い、学校と保護者のやり取り、全てがこのカードを使ってWEB上で行われている。
WEBでできないのは結婚と不動産ぐらいだと聞いた。
それぐらい重要な位置づけだと思ってもらっていい。
まさに生活インフラの基盤になっている。
ここいら辺について本当はもっともっと語りたいのだが、それはこの記事の趣旨ではないので、割愛しておく。
ただもしエストニアという国に興味を持った人がいたのなら、下記に大変オススメの書籍のリンクを張っておくのでチェックしてもらいたい。
読んでもらえば分かるが、日本人からしたら正直近未来のSFの世界の話が描かれているような印象を受けるだろう。
それぐらいエストニアが進んでいるのだ。

未来型国家エストニアの挑戦  電子政府がひらく世界 (NextPublishing)

ようやくここでタイトルの話になってくる。
IT立国エストニアは、とてもユニークな制度を設けた。
それが冒頭にあるe-Residency(電子居住)と呼ばれるものだ。
e-Residencyがどのようなものかをかいつまんで説明すると、これをもつとe-Residents(電子居住者)と呼ばれ、エストニア国民がもつものと同じスマートIDカードが手に入る。
それによりエストニアのX-Roadのシステムを一部利用できるようになるのだ。
例えば、エストニアで法人を作ることができたり、エストニアの銀行に口座を開いたりすることができる。
驚くべきに、これは国籍関係なく取得できる上に、エストニアへ滞在歴や訪問歴が無くても構わない。
つまりエストニアに全く縁がなくても出来るのだ。
その他にもデジタル署名でオンライン契約ができたり、オンラインでエストニア税の支払いが可能になる。
ただ、e-Residencyといってもできないものがある。
それは、国籍が貰えるわけではないということだ。
つまりは市民権やら居住権などがついてくるという類のものではないということだ。
あと写真がついているわけではないので身分証明書にもならない。
そこいらへんは上手い具合に調整がされているようだ。
と、まあ簡単に説明するとこんな感じか。
詳しく知りたいのならば「e-Residency エストニア」辺りでググってくれれば色々出るだろう。
各員勝手に調べてもらいたい。

それではe-Residencyを取るまでの手順を簡単に説明しよう。
e-Residencyは下記のサイトから申請することができる。

e-estonia

用意するものは2点。
顔写真のデータとクレジットカードだ。
顔写真は結構色々制約があるので注意されたし。
また、クレジットカードを使って100ユーロほど費用を支払う必要がある。
大した金額でもないし、エストニアの為と思って気前よく払おう。
で、ここにポチポチと情報を入力する。
最後は取得動機を英語で書く必要があるが、まあそこまで真剣に書かなくてもなんとかなる。
僕は確か「IT起業家として最新のシステムに触りたい。またEUで事業をする可能性も将来あるかもしれないので」みたいなことを書いた。
全てを書いて申請したら、あとは待つだけだ。
参考までに僕の場合のスケジュール感を記載しておく。
  • 08月25日 サイトから申請
  • 08月31日 エストニア政府から申請受理報告
  • 09月08日 審査通過の報告
  • 10月04日 カードがエストニア大使館へ届いた旨の連絡
  • 10月05日 カードを受取
カードの受取は外苑前にあるエストニア大使館で行われる。
受取場所をエストニアに指定してしまうと、そこまで取りに行くハメになるので注意が必要だ。
大使館は原則予約制になっている。
僕は勢い余って当日メールして返事を待たず当日取りに行ったが、相手にされない以前の問題で、そもそも開いてなかった。
何事にも落ち着いて行動しろということだ。
大使館では、入り口で記帳し、大使と簡単なやり取りをする。
やり取りは全て英語で行われる(もしかしたら日本語も通じるのかもしれないが)。
まあ僕はあまり意味がわかってなかったが、「アハ~ン」とか言いながら適当に頷いていたら、いつの間にか握手をしていてカードを貰えたので、そこまで気にする必要はないのかもしれない。

ここでようやくカード一式が手に入る。
水色の箱を手に入れた時は、感動ものだ。
 箱を開けると、中にはカードとUSBカードリーダーがある。
 カードリーダーは展開出来る。
そしてこのようにカードを読み取り、ネットに繋げる。
カードリーダーが一人ひとりに配布されるのは嬉しい。

これでようやく全ての手続きが終わる。
あとはエストニアのポータルサービスを利用するだけだ。
思う存分メリットを享受しよう。
法人を作るもよし、バーで知り合った女の子に見せびらかしてもよし(効果はあまり期待できないだろう)。
Welcome to e-Estonia、というやつだ。

ああっと、最後に一言、大切な事を忘れていた。
僕のようなIT Startup起業家がe-Residencyをもつことの具体的なメリットとして、やはりエストニアの法人と口座が作れることが大きい。
エストニアで法人をもつということは、EU圏内で取引するのに非常にメリットがある。
アクセスのしやすさや信頼性の問題が解決されるからだ。
法人はWEBでクリックするだけで18分ほどで作れるようだ。
勿論日本からで、だ。
日本に比べるとありえないほどシンプルで素晴らしい。
そして口座があるのも非常にプラスに働く。
もし仮に日本口座しかなかった場合、入出金に無駄な手間ひまと多大な手数料がかかり、ビジネスそのものに悪影響があるだろう。
ただ口座を作るあたっては、最後の審査と開設手続きのためにエストニアへ行かないといけないようだ。
この点は注意されたし。
またエストニアは法人税も素晴らしい。
通常は20%だが、資金を内部留保している限りなんと課税がされない(実質法人税0%だ)。
国際税制競争力調査でもトップを走るこの良さよ。
こんな具体的なメリットもあるので、尚更この素晴らしいシステムを利用しない手はないだろう。

駆け足で説明したが、少しぐらいはe-Residencyの良さが伝わったのなら嬉しく思う。
最新のシステムに触れることで刺激にもなるし、何かの発想に繋がる場合もあるだろう。
是非各個人で取得を目指してもらいたい。
僕達IT Startupの起業家は、フットワークの軽さが武器だろうし。

こんな感じで、e-Residencyのレポートは終わる。
長々と読んでくれてありがとう。
お互い良きe-Residents生活を楽しんでいこう!

*無いとは思うが、もし間違えている情報や微妙なニュアンスがあったらこっそり教えてもらいたい。
すぐに修正するので。

0 件のコメント :

コメントを投稿

署名