IT Startup Community

Techな情報共有やITをテーマにしたディスカッション
知的好奇心を満たしながら交流しませんか?

Join us

Startupにおける旅行関連サービスの可能性について

0 Comments
僕は旅行が好きだ。
かれこれ一人で70カ国ほど回っている。
となると当然旅行で起業をしたいと考えるのも自然の流れだろう。
もう10年も前から何か無いかと模索している。
ここでは我々Startupが手掛ける旅行サービスについて深掘りしてみよう。

まず現状から。
起業ブームが起きて、沢山のプレイヤーが流れてきてからすでに相当な年月が経った。
それではその間旅行関連で跳ねたサービスはあっただろうか。
答えは残念ながら「否」だ。
旅行という今では当たり前になった行動故に当然プレイヤーは多い。
にも関わらず跳ねたサービスがない。
これが現状だ。
何故だろうか。

原因を考えよう。
それは「マネタイズポイントが限られてくるから」ではないか。
つまり旅行者が一回の旅行にかけるお金の大半が「宿泊費」「食費」「交通費」なわけで、そこに食い込まない限り旨味は無い。
宿泊費に食い込むならばホテルを運営?
食費ならばレストランを経営?
交通費ならば航空会社を作る?
いやいや、まさかまさか……。
ということで色々試行錯誤した結果、殆どのサービスが皮は違えど本質的には送客ビジネスになってしまう。
そして送客ビジネスであり続ける限りは、利ざやの問題になり旨味が無いのだ。
結局はメインのプラットフォームに上手いこと利用されてしまうだけになる。
ただ例外として一点。
先程無理だと踏んだ3点の内、「宿泊費」、これを分解して上手い形にアウトプットしたのがAirBNBだ。
長い世界の歴史の中で旅行関係で唯一格段に跳ねてるStartupだと思う。
非常に上手い。
さて、例外は置いといて他に原因は無いか。
一つにフリークエンシーが考えられる。
僕みたいな旅人は置いといて、普通の人が海外旅行に行く頻度なんて高々しれてる。
仮にメキシコが好きだとしても、人生でそう何度も行くか?一度行ったら他の国行きたいよね?ということだ。
しかも行く前後だけは盛り上がっても、その後は熱もさがるわけで。
ココらへんも跳ねない要因に挙げられるのではないか。
他にはなにかないか。
よし、具体的なサービスについて言及しよう。
マッチングサービスが多々あるが、他人と一緒に旅行をするなんてファンキーなマインドを持った人間がどれだけいるか。
ログを残すサービスも多々あるが、すでにドミナントされている市場で、かつスイッチングコストが高い性質上、どれだけ移行できるのか。
体験をシェアするサービスもあるが、すでに多々ある上、通訳案内士の緩和によってこれからも雨後の筍の様に出てくるのは火を見るより明らかだ。そしてそもそも差別化がしづらい内容ゆえ、どうそこから頭一つ抜けていくのだろうか。
まあつまりどれもなかなか難しい気がする。

とどのつまり結論としては、旅行関連のサービスは、我々Startupには色々厳しいだろうという事だ。
旅人としてはいつか旅関連で一発当てたいとは思っているが、10年以上経って日本のStartup発で跳ねたサービスが無い現状を考えると、無理目と判断してもよい気がする。

そうそう、最後に一つだけ救いを示したい。
旅は、行く行かないはともかくとして、基本的に皆好きだ。
面白い情報があったらとりあえず見て、まだ知らぬ土地のことを思いワクワクする。
そういう部分を上手い具合にすくったのが、旅行関連のキュレーションメディアだろう。
興味のあるプレイヤーはいるし、バイラルが起きやすいから、PV=収入というメディアの構造にはとても相性が良い。
幾つかの主要なメディアは、本業では跳ねなかったけど、メディアで相当稼いでいると噂に聞く。
あまり面白みのあるビジネスではないが、こういう相性の良さがあることだけは一つ残しておく。

以上。

こんな感じでStartupが手掛ける旅行関連について深掘りしてみた。
何かあったらいつでもご連絡を。
突っ込み、感想などもお待ちしている。

よろしくどうぞ。

0 件のコメント :

コメントを投稿

署名